歯のクリーニングをするときの気になる効果と料金は?

歯は人生の大切なパートナーです

年を取っても健康的な歯でいたいという気持ちはだれでも持っています。そこで是非とも歯医者さんでクリーニングをしてもらいたいけど費用や施術の方法がわからずに躊躇してしまうものです。

さらに、自分のお家でできる歯のクリーニングの方法であればやってみたいですよね? 実は歯のクリーニングというと歯医者さんだけだと思われることがあります。しかし、自分でできる歯のクリーニング方法というものもありますので是非とも参考にしてください。

歯に付いた黄ばみやヤニはおとせるのか?

結論から言ってしまえば黄ばみなどの汚れはきれいに取れます。紅茶やコーヒーが好きな人はどうしても歯の表面を覆うエナメル質に汚れが付いてしまいます。歯医者さんで施術してもらうクリーニングはこれらの汚れを落とします。クリーニング後も歯に汚れが付きにくいようにフッ素などをコーティングしてもらえますので折角キレイになった歯の汚を防止するこができます。

タバコのヤニは食事などによる汚れなど違って沈着する強度が強いために全ての汚れを取ることは難しいです。クリーニングした後にタバコを吸ってしまえば簡単にヤニは付きます。

歯と歯茎の間にある歯石と施術の費用は?

歯石除去こそ歯医者さんでクリーニングしてもらう最大のメリットです。歯に付いてしまった歯石は自分で取る事ができません。歯石は歯周病の原因となる物質で特徴は堅いことです。この硬さ故に自分で落とす事が困難です。また、強固に自分の力で強引にしてしまうと口内を傷つける原因になりますので必ず歯医者さんで取ってもらいましょう。

クリーニングの回数がどれぐらい必要なのかがよくわからないことって不安ですよね。1回で終わるのか数回必要なのかによっても時間や費用も変わってきます。しかし、クリーニングの本来の目的は口内の環境改善と改善後の好環境維持です。口内の状態が良いのであれば1回の施術ですみますし歯石などがひどい場合は数回に分けて行われる事があります。その判断基準は歯医者さんによって変わってきますので一概に何回というように言えません。

歯のクリーニングの費用はいくら?

歯周病治療がメインであれば歯のクリーニング費用は、歯周病を治すという医療目的なので保険診療が適用されます。細かな施術内容にもよりますが高齢者以外では3割負担ですので約3000円前後といわれています。クリーニングではなくブリーチングなどの着色してしまった汚れなどを除去する目的の場合は基本的に病気とは関係が無いので全額自己負担となります。金額的に1回の施術で約10000円~50000円といわれています。

歯医者さんでできる費用は目的によって費用が変わります。医療目的ならば保険は適用されますが審美などの場合は医療行為には当たりませんので保険が適用されません。

関連ページ:歯のクリーニングとホワイトニングの違いについて